杉並区の白内障日帰り手術なら、おぎくぼ南口眼科へ|荻窪駅すぐ

top

白内障

白内障とは

目の中のレンズ(水晶体)が主に加齢によって濁る状態が白内障です。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下してしまいます。

超高齢社会が進む現在、白内障による視力障害はさまざまなトラブルの原因になります。
白内障は目の病気の中でありふれたものの一つとなりましたが、白内障手術は年々進歩しており、安全な手術となったばかりでなく、以前にも増して早期の視力回復・社会復帰が可能となりました。

症状

特に以下のような症状が出た場合、早めに当院までご相談ください。

  • かすんで見える
  • 明るいところにでると、まぶしくて見にくい
  • ぼやけて二重、三重に見える  など

白内障の治療

日常生活に支障がない程度であれば点眼薬により、白内障の進行を遅らせます。
点眼薬による治療は、あくまでも水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。
白内障が進行して不自由を感じるようになれば手術を行います。

診療内容

  • 一般眼科
  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病網膜疾患
  • 眼と全身疾患の関係

初診のご案内

当院は予約制ではありません。
診療受付時間内にお越し下さい。ただし、視野検査、眼鏡処方及び初回のコンタクトレンズ処方に関しては予約制となっております。お電話もしくは当院受付でご予約いただきますようお願い致します。

モバイルサイト QRコードでアクセス

ページのトップへ