杉並区荻窪のおぎくぼ南口眼科|眼と全身疾患の関係

top

眼と全身疾患の関係

眼の疾患は全身疾患の診断にも役立ちます

眼は人間の体の中において、肉眼で見ることができる唯一の網膜血管です。
そのため、全身的な疾患がある場合、その一症状や合併症として眼に異常があらわれることがあります。

従って、眼の診察は高血圧症やメタボリック症候群、糖尿病などの生活習慣病をはじめ、肝臓・腎臓・脳・甲状腺などの病気、膠原病、代謝疾患、血液疾患などの早期発見にも有効です。

眼の異常を感じて眼科へ行き、視神経や網膜、角膜、水晶体などを調べ、思わぬ全身疾患が見つる場合も少なくありません。
また、病気の進行状態や程度なども目を検査することにより知ることができ、早期発見・早期治療にも繋がります。

高血圧

高血圧は心、腎、脳、大動脈などの血管障害を合併する慢性疾患です。
自覚症状がほとんどないので早期に発見し、治療、管理していくことが必要です。

頭痛、めまい、肩こりなどの症状もありますが、高血圧の治療の目的は、心、腎、脳、血管などの合併症の罹患率や死亡率を減少させることにあります。
食事療法を主体とした生活習慣の修正を行ない、不十分であれば降圧剤による治療が必要になってきます。

眼底検査により動静脈血管を直接観察することができますが、高血圧になると眼底に網膜血管の異常(狭細・口径不同・反射増強)や網膜出血、浮腫、白斑などの特徴ある所見が現れます。

糖尿病

糖尿病では眼底の病気である「糖尿病網膜症」の他にも「眼球運動障害(突然モノがだぶって見える)」「角膜症(黒目の表面が剥がれて治りにくい)」「白内障」「虹彩炎(ぶどう膜炎)」などがみられます。
いずれも局所療法(目の治療)のみならず、血糖をコントロールするという基本の治療を続けることが大切です。

特にまだ網膜症が発症していない方や初期網膜症の方は血糖コントロールが病気の発症や進行抑制に最も効果的です。
社会生活を良好に送る視力を維持するには重症網膜症にならないように初期からの血糖コントロールが大切です。

血液疾患

眼底の網膜出血や浮腫の患者さんで内科の診療をすると、重症の貧血や紫斑病、またはなんらかの血液疾患であることがあります。
血管や出血の形で推察はするのですが、原因疾患の治療(内科治療)が根本的治療となります。

診療内容

  • 一般眼科
  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病網膜疾患
  • 眼と全身疾患の関係

初診のご案内

当院は予約制ではありません。
診療受付時間内にお越し下さい。ただし、視野検査、眼鏡処方及び初回のコンタクトレンズ処方に関しては予約制となっております。お電話もしくは当院受付でご予約いただきますようお願い致します。

モバイルサイト QRコードでアクセス

ページのトップへ