杉並区荻窪の 加齢黄斑変性症検査・治療なら、おぎくぼ南口眼科

top

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは

この病気は加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。
高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加している病気です。

黄斑とは

黄斑とは網膜の中心にある直径1.5 mm~2 mm程度の小さな部分の名称で、黄斑の中心は中心窩と呼ばれ、見ているところ(固視点)からの光が当たる部位です。

黄斑にはキサントフィルという色素が豊富にあるために黄色をしています。
黄斑は非常に小さな部分ですが、黄斑に異常が生じるとそれ以外の網膜に異常がなくても視力が著しく低下する事があります。

こんな症状がでたら・・・

特に以下のような症状が出た場合、早めに当院までご相談ください。

  • ものがゆがんで見える
  • 見ているものの中心が欠けて見えない
  • 視力低下 など

加齢黄斑変性症になりやすい人

加齢黄斑変性症は、年をとれば誰にでも起こる可能性のある眼の病気です。
加齢黄斑変性の発症のリスクを高める原因として喫煙、肥満などが挙げられます。
特に喫煙による酸化ストレスが眼に蓄積すると、眼の炎症を引き起こしやすくなり、発症の原因となってしまいます。
そのため加齢黄斑変性の発症予防や、進行を遅らせるためには禁煙が非常に重要です。

治療法

抗VEGF抗体の硝子体注射

脈絡膜新生血管の成長を活性化させる体内のVEGF(血管内皮増殖因子)という物質の働きを抑える薬を眼の中に注射することで、加齢黄班変性の原因である新生血管の増殖や成長を抑える治療法です。

診療内容

  • 一般眼科
  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病網膜疾患
  • 眼と全身疾患の関係

初診のご案内

当院は予約制ではありません。
診療受付時間内にお越し下さい。ただし、視野検査、眼鏡処方及び初回のコンタクトレンズ処方に関しては予約制となっております。お電話もしくは当院受付でご予約いただきますようお願い致します。

モバイルサイト QRコードでアクセス

ページのトップへ