杉並区荻窪の白内障手術なら、おぎくぼ南口眼科へ

top

白内障

白内障とは

白内障とは、水晶体が加齢等により濁っていく疾患です。 水晶体とは、カメラのレンズのような働きをしている組織で、近くのものを見るときは厚くふくらみ、遠くのものを見るときは薄く引き延ばされ、網膜にきちんと像が映るよう調節しています。

白内障になると、水晶体の濁りによって光がうまく透過できなかったり、レンズが硬くなることで調節能力が失われたりして、網膜に鮮明な像が映せなくなり、視力低下が起こります。

白内障の症状

  • 目がかすむ
  • 車のライトなどの光や野外での日差しをとてもまぶしく感じる
  • ものが二重三重にぼやけて見える
  • 遠くが見えにくい

白内障の原因

白内障は、上述のように加齢が原因であることがもっとも多いですが、その他の原因によっても起こります。
アトピー性皮膚炎や糖尿病に合併する白内障は、若年層にも発症しやすいのです。
また目のけがや放射線や薬剤の副作用でも、白内障を引き起こすことがあります。

白内障の治療

日常生活に支障が無ければ、すぐに手術をする必要はありません。
そのため初期で視力低下が緩やかな場合は、白内障の進行を遅らせる点眼薬での治療を行います。
しかし、点眼薬はあくまで症状の進行を遅らせるためのものであり、水晶体の濁りを改善したり、視力を回復させたりする効果はありません。

白内障が進行し、視力低下が著しく、日常生活に支障を来たす場合は、手術による治療が適応となります。

白内障の手術

白内障の手術は、大きな全身疾患や特別な理由がない場合を除き、局所麻酔を用いて行います。

水晶体は、水晶体嚢という外側の袋に、中身である核と皮質がつまっている構造になっています。
手術では、白く濁った核と皮質を取り除き、袋の中を空っぽにして、その袋の中に眼内レンズという人工のレンズを挿入します。

なお当眼科では、白内障の日帰り手術に対応しています。
白内障の症状を自覚したら、ぜひ当眼科にご相談ください。

クリニック概要

医療法人社団 みつば会

おぎくぼ南口眼科

住所 :
東京都杉並区荻窪5-27-5 中島第二ビル 2F

電話 : 03-6768-3030

受付時間
9:00 ~ 12:00
15:00 ~ 18:30 手術日
  • 土曜日 9:00~13:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日
  9:00
~12:00
15:00
~18:30
  • 土曜日 9:00~13:00
  • 休診日:水曜・日曜・祝日
手術日

診療内容

  • 一般眼科
  • 小児眼科
  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病網膜症
  • ドライアイ
  • 花粉症
  • 眼と全身疾患の関係

初診のご案内

当院は予約制ではありません。
診療受付時間内にお越し下さい。ただし、視野検査、眼鏡処方及び初回のコンタクトレンズ処方に関しては予約制となっております。お電話もしくは当院受付でご予約いただきますようお願い致します。

モバイルサイト QRコードでアクセス

ページのトップへ