杉並区荻窪の眼科、おぎくぼ南口眼科|執刀医紹介

top

執刀医紹介

ビッセン宮島弘子

略歴
1981年 慶應義塾大学医学部卒業
慶應義塾大学医学部眼科学教室入局
1984年 ドイツ ボン大学眼科助手
1987年 慶應義塾大学医学部眼科学教室助手
1989年 国立埼玉病院眼科医長
1995年 東京歯科大学市川総合病院眼科講師
慶應義塾大学医学部眼科学教室非常勤講師
2000年 東京歯科大学水道橋病院眼科助教授
2003年 東京歯科大学水道橋病院眼科教授
2022年 東京歯科大学水道橋病院眼科特任教授・名誉教授 現在に至る
東京歯科大学水道橋病院 眼科
研究分野

白内障、屈折矯正手術

ドイツおよび日本における医学博士号を取得。日本語、英語、ドイツ語を話すトライリンガル。白内障、屈折矯正手術分野では、国内のみならず国際的に高い評価を得ており、国際学会の手術ビデオコンテストでは、最優秀賞2回、部門賞12回、眼科で最も貢献した医師に贈られる賞をアメリカ、ドイツ、アジア太平洋の学会で受賞している。患者さんの立場になった優しい対応で毎年ベストドクターに選出され、最先端技術である多焦点眼内レンズ、フェムトセカンドレーザーの日本における発展に貢献、著書に「LASIK(レーシック)」(メディカルトリビューン)、「多焦点眼内レンズ」(エルゼビア・ジャパン)などがある。数多くの手術を執刀し、国内外の講演で飛びまわっている。

メディア・取材

「患者さんに視⼒回復と笑顔を届ける」(Best Doctors)
「知っておきたい⽩内障」(婦⼈画報)

日帰り白内障手術について

白内障とは、目の中のレンズ(水晶体)が主に加齢によって濁る状態の事です。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下してしまいます。
特に、かすんで見える、明るい所に出ると眩しくて見にくい、ぼやけて二重、三重に見えるなどの症状があります。 日常生活に支障がない程度であれば点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせる事はできますが、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。したがって、白内障が進行して不自由を感じるようになれば手術を行います。

手術室のご案内

東京都杉並区荻窪 5-21-15-2F
おぎくぼサージカルアイクリニック
(JR・丸ノ内線 荻窪駅南口より 徒歩約1分)

  • 受付

  • 手術室

クリニック概要

医療法人社団 みつば会

おぎくぼ南口眼科

住所 :
東京都杉並区荻窪5-27-5 中島第二ビル 2F

電話 : 03-6768-3030

受付時間
9:00 ~ 12:00
15:00 ~ 18:30 手術日
  • 土曜日 9:00~13:00
  • 休診日:日曜・祝日
  9:00
~12:00
15:00
~18:30
  • 土曜日 9:00~13:00
  • 休診日:日曜・祝日
手術日

診療内容

  • 一般眼科
  • 小児眼科
  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病網膜症
  • ドライアイ
  • 花粉症
  • 眼と全身疾患の関係

初診のご案内

当院は予約制ではありません。
診療受付時間内にお越し下さい。ただし、視野検査、眼鏡処方に関しては予約制となっております。お電話もしくは当院受付でご予約いただきますようお願い致します。

モバイルサイト QRコードでアクセス

ページのトップへ